ホットペッパーの検索順位が落ちているのでは?

とあるブロガーの人が、ホットペッパーを超えて検索順位になりました。とメールで言っていたので、どんなサイトが検索の上位になったのかなーと、メールの情報からそのサイトと上位表示となったキーワードを突き止めたのだけど、ホットペッパーとそのホームページの間にもう1店舗記事が入っていたので、あれ?と思いました。

ホットペッパー自体の順位が落ちてる?

これってもしかして、ホットペッパー自体のグーグル検索でのパワーが落ちてるんじゃないの?と思っていろいろ調べてみました。

2019年8月1日前後のGoogleのプログラム変更が影響している

分析結果としては、2018年8月1日に起きた順位変動以降、小さなアップデートを繰り返すことで、ホットペッパーにもじわじわと影響が出たということです。
他の方のサイトの記事ですが、2019年8月1日前後のGoogleのプログラム変更についての記事でエキテンが順位を下げていると報告しています。エキテンの順位が落ちている模様というブログ記事。

こちらの記事ではエキテンが検索結果の順位を下げはじめているという報告でした。
エキテンよりもホットペッパーの方がメジャーなので、このグーグルのアルゴリズムの影響が今になって現れても、不思議ではないよなーと個人的には感じています。

大手に依存し過ぎるのは危険

自前サイトは必要だと思う

ここから考えられるのが、やっぱり大手に依存するのは危険ということです。ホットペッパー以外にちゃんと自分たちのサイトをもっているのなら大丈夫ですが、たまに大手のサイト登録だけのお店を見ることがあります。こういうのは、労力とかお金のことを長い目でみると勿体ないなーと感じました。

自分で力のあるサイトを構築する方がいいと私は思います。

大手とは真っ向勝負は挑まない。

大手と勝負する時

大手に依存しないとなると、大手と勝負することもあるかもしれません。こういう時に、真っ向勝負をするのは、避けた方が得策だと私は思っています。

今回私が受けたメールの情報では、検索キーワードは明記されていませんでした。
でも、メールの中の情報を拾っていくと、ホットペッパーを抜いたサイトを特定するのは意外と簡単でした。

また、キーワードはすぐに分かりました。なぜなら、サイトを上位表示させる為には、記事内に上位表示させたいキーワードをちりばめなければならないからです。

そのサイトを少し分析して、分かったことがあります。やっぱり大手とは真っ向勝負はしてはいけないということです。

キーワードをずらす

例えば接骨院の人がキーワードで上位を表示しようとしたら

〇〇市 △△接骨院

といったキーワードを対外狙います。でも、これでは大手には勝てません。いくらキーワードのパワーが落ちた大手でも。実際に分析したサイトも、このようなビックキーワードでけんさくしてみましたが、ホットペッパーには勝てていませんでした。

大手に検索キーワードで勝つためには、少しキーワードをずらすと良いのです。

例えば、

〇〇県〇〇市 姿勢矯正・改善サロン△△

とかにすると、より具体的に悩んでいる人に向けてピンポイントでリンクできます。そして、こういうキーワードパワーをサイト内で上げていけば、私が見たメールのように、ホットペッパーに勝つことが出来るということです。

具体的な地域名を入れる

もう一つのポイントはより具体的に地域名を入れることです。
8月1日前後にあった、Googleの検索順位を決めるプログラムの大幅変更によって、所在している商圏以外での検索順位で上位を狙うことが、とても難しくなりました。

例えば、自分のお店のある地域で検索の上位を狙うことは可能ですが、隣町など違う地域での検索キーワードも同時に上位表示することは、とても難しくなったのです。でもこれは逆に、大手のホットペッパーが具体的な地域の検索が苦手になったことを意味しています。

いろいろな方向で物事を見てみる

実際に調べてみる

あと、この記事を書いていて思たのですが、相手の情報をただ聞いてるだけではなく自分なりに分析したり考えることは大切だなと感じました。そして、最後は何かしらの行動を起こした方がいい。簡単なので『実際に調べてみる』っていうのは、絶対にやった方がいい行為です。

今回で言うなら、ホットペッパーを検索順位で抜いた!という情報だけに注目せず、

・実際にどんなサイトが上位検索されるのか調べてみた。
・グーグルの方が順位が落ちてるんじゃないの?というように違うモノの見方をした

というこの2点が、新しい情報を得られた要因だと思っています。

違和感や疑問は大切

あれ?という違和感や疑問をこれからも大事にしたいと思います。

まとめ

ホットペッパーなどの大手のサイトも下がることがあるのだから、
個人のサイトもコツコツとサイト作りを目指す方が今後報われるような気がします。
何事も依存し過ぎはよくないですね。
ブログやお店にお客さんを読む手段も一つではないです。

SNSや口コミ、またアナログ手段も上手に活用していくことが大切だと思います。

思考も片方だけの見方じゃなくて、いろんな方向から考えてみると、
新しい情報に出会えたり、面白い世界が見れると思います。

あ!グラフィックデザイナーなので、
こんな猫イラストも描いてます!よろしかったらどうぞ。

おすすめ記事

猫イラスト一覧|イラスト作品集

ネコ好き!イラストを描くことが好き!そんなグラフィックデザイナーが、同じ猫好きの方の為に、猫イラストを不定期で描いています。

猫イラスト一覧|グラフィックデザイナー のイラスト作品集

猫イラスト一覧|グラフィックデザイナー のイラスト作品集

Instagramは@illustration cat boxでイラストを公開中。
Twitterでも、@mad365day で、皆さんに猫イラストをお届けしています。

コメントしてみる