『 ねこじゃらし 』と『 ねこ 』のイラストを描きました。

「ねこじゃらし」と「ねこ」のイラスト描きました

「ねこじゃらし」と「ねこ」のイラスト描きました

ねこ好きなグラフィックデザイナーが、ねこのイラストを描いています。今回は、『 ねこじゃらし 』とじゃれつく『 ねこ 』のイラストです!ねこじゃらしで遊ぶことに夢中になっていて、「 は!!!」と後ろを振り返った時のねこちゃんを描きました。じゃれている『ねこ』は本当に癒されちゃいますよね。

ねこじゃらしの『じゃらし』ってなに?

この『 ねこじゃらし 』と『 ねこ 』のイラストを描いていて思ったのですが、ねこじゃらしの『じゃらし』ってねこがじゃれつくからそう呼ぶようになったのかな?と思っていろいろ調べてみました。

『 ねこじゃらし 』の正式名称は、狗尾草(えのころぐさ)

『 ねこじゃらし 』は、見た目から予想が出来るイネ科の植物です。

日本のような温帯の地域で、春や秋に撒きしてから1年以内に開花する植物を一年草と呼ぶんですが、『 ねこじゃらし(えのころぐさ)』はこの一年草です。

路傍や空き地など様々な場所で見ることが出来る植物ですね。高さは40~70センチ。葉は細長く、先がとがっています。夏に、茎の頂に円柱状の太い緑色の穂を1本出し、子犬の尾に似ていると辞典では書かれているる。ねこじゃらし。

漢字でも「狗(犬)の尾の草」と表記。

『ねこじゃらし』を食べても猫は大丈夫なの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。