少し熱めの湯船で身体を目覚めさせる朝は最高!

まだ完全に溜まりきっていない湯船に身体を沈めて、
徐々に身体に暑いお湯の温度を伝えていく。
窓を開けて少し冷たい風を入れて、
うーんと伸びをして身体を目覚めさせる。

子供も旦那さんも誰も起きていない明け方のお風呂は
お湯だけでなく静けさまでもが輝いている。

朝日が差し込む湯船はとても優雅に揺れている。
冷えた水を用意しておくとさらに良い、

じんわりと毛穴から汗が出てくると
汗をかいたコップは魅力的に映る。

暑い湯船の中で冷たい水を喉に通すと
身体中に水分が染み渡るのがわかる気さえする。

湯上りには冷たい水を浴び、
身も心も毛穴もキュッと引き締まる。

風呂上がりさらりとした身体に
泳がせるように服の袖を通すと
自然と笑顔になっている。

身体の芯が温まると心も上向き、
自然にフットワークも軽くなる。
ご機嫌な私の完成だ。

自分のご機嫌タイムを作ると
毎日の生活が輝きます。

育児や仕事でまとまった自分の時間は
なかなか作りにくいものです。

でも5分10分でも案外
自分のご機嫌って取れるものです。

自分が嬉しくなることを
時間別にリストアップしておくと

子供が寝た時、
何かに夢中になっている時に

自分のご機嫌取りを
パッと出来るのでお勧めです(*´꒳`*)

これから私のご機嫌取りを
少しづつご紹介していきますね。

Writer & in house designer
プロフィール

Name:いのうえ まどか @Twitter

Profileプロフィール詳細
Greetingsイラストで『ごあいさつ』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です