インハウスデザイナーとは?

インハウスデザイナーとは

インハウスデザイナーとは、簡単に言うと「企業のお抱えデザイナー」のことです。

インハウスを英語で表記すると「 in house designer 」となります。
「 in house 」は、「組織内の・内勤の」という意味を持っていますが、インハウスデザイナーは特定の企業(組織)に属しているデザイナーです。

「in-the-house」と「in-house」に違い
「In the house」は副詞句で、「家の中で」という意味になります。一方、「in-house」は「内部で、社内で」という意味を持つ副詞、または「内部の、社内の」という意味を持つ形容詞です。
https://eigopedia.com/より

デザイン事務所で働くデザイナーとインハウスデザイナーとの違い

デザイン事務所のデザイナーも特定の企業に属しています。
では、インハウスデザイナーとどのような違いがあるのでしょうか。

インハウスデザイナーとの違い

デザイン事務所に所属しているデザイナーは、様々な企業のモノをデザインをします。

しかし、インハウスデザイナーは、自分の所属している企業に関係のあるモノだけをデザインします。

私はインハウスデザイナー

私は、子供向け教材メーカーで働くインハウスデザイナーです。
今の企業に勤めて10年が経ちました。

デザイナーというとデザイン事務所で働くか
フリーランスで働くかの二択と思っている方は
結構いらっしゃいます。

私はインハウスデザイナーになろう!
と決めてなった訳ではありませんでしたが、

インハウスデザイナーという働き方は
自分には合っていたなと感じています。

もし、あなたがデザイン系の仕事をしたいなと
考えているのであれば、インハウスデザイナーという選択も
1つ加えてみては如何でしょうか(*´꒳`*)

Writer & in house designer
プロフィール

Name:いのうえ まどか @Twitter

Profileプロフィール詳細
Greetingsイラストで『ごあいさつ』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です